円形脱毛症百科
トップページ掲示板

円形脱毛症の体験談 1ページ目




◆体験談 01

円形脱毛症というと、サラリーマンのストレスを多く抱える男性がなるイメージが強くて 自分にはそんな脱毛だなんてありえないと思っていました。ところがある日、朝の身支度で 鏡を見ていたら、つむじのあたりに何か髪の毛がない状態で地肌が見える気がしました。 合わせ鏡でよく見たら、小さいのですが円形に脱毛しているのが見えてしまいました。 その頃は、育児をしつつ旦那に仕事も始めろといわれて、働き始めたばかりで 家のことと子育てと仕事の三本立てで疲れていた頃だったので、原因がすぐに分かりました。

 とりあえずこの状態をなんとかしなくてはと、原因は分かっているので病院に相談をと思い皮膚科に行きました。 皮膚科では、診断として普段の生活状況や家族の協力など色々なことを聞かれました。 旦那の家事育児への協力がないので、それが原因だというとまずはそこを改善しながら お薬での治療をしましょうということになりました。 とりあえずステロイド剤などの一般的なお薬を処方されて、それを使いながら 円形脱毛症になったことを家族に話して、協力をしてもらって負担を減らさないと治らないということを 先生に言われたので、家に帰り帰宅した旦那に話してその後の協力を得ることになりました。 これで私はなんとか目立たないくらいにまで回復を遂げました。


◆体験談 02

私は10年ほど前、円形脱毛症になりました。
幸いそこまで大きなものでは無かったので何とか隠すことができましたが もう少し大きくて目立つものだったら…。
 何故だか私は春に体調を崩しやすく、円形脱毛症もその時期でした。 おそらく新年度で緊張していて、 それが気付かないうちに身体に負担をかけているのだろうという事でした。 円形脱毛症になったときは、ストレスが堅調に出ていたという事なのかもしれません。
 実は私、自分が円形脱毛症であることを知らなかったのです。治ってから母に聞かされました。 母が私の事を気遣っていわなかったのだそうです。 脱毛しているところが見えないように気を使って髪を結んでくれていたのも母でした。 それを聞いたとき、本当にありがたいと思いました。 だから病院には行っていません。ストレスだろうという事は母も分かっていたらしく、そのうち治るから放っておこうという事でした。



皆様の体験をお寄せください

病院・治療法情報交換のための掲示板もご利用ください。


体験談トップへ戻る